トップページへ戻る > もしもの時も考えておこう

もしもの時も考えておこう

いくら防犯意識を高めて自分が注意していても、
何かしら事件の被害に合うことは、十分に考えられます。

ニュースで報道されるような事件なども、
どこかしら「私の地域は大丈夫」と思っている部分もあって、
イマイチ現実味に欠けるところがありますよね。

でも、私の地域は、私は大丈夫なんて、なんの根拠もありません。
こうしているうちに前の道路で
何か事件が起こるかも知れないですし、
巻き込まれる可能性だってもちろんあります。

そこで、ある程度は万一のときに
どうすべきかを考えておく必要はあるでしょう。
もし事件に巻き込まれたら、犯罪に巻き込まれたら、
どこに連絡を取ればいいのか、どうやって行動すればいいのか、
家族で一度話し合ってみましょう。
防犯マップを見ながら、色々と書き込みながら
意見を交わすことをおススメしますよ。

話し合うことで、それぞれがどのように行動したらよいのか
明確になりますし、携帯電話や防犯ブザーの必要性など
子供にとっては危ないことから身を守るために必要なことが
具体的にわかりやすくなるメリットがありますよね。

関連エントリー

子供だけで留守番するとき
留守番する時のお約束
親子だけがわかるサイン
電話に出ない
宅配便は受け取らない
ニセモノの制服かも?
家族の情報は内緒にする
家の中に人がいても泥棒が来る
火の怖さを知ろう
火遊び厳禁!
消化器はどこか知ってる?
意外な火の元を確認
服に火がついたら?
インターネットの使い方
いつの間にか有害サイト
フィルタリングを使おう
子供任せにしない
機密性の高いメールに要注意
メールに感情移入させない
理解不能なメールは無視
やっぱり恐い出会い系サイト
匿名性の恐さ
携帯を正しく使うために
携帯電話は便利だけど
携帯を使うときの約束
子供向けの携帯電話サービス
携帯電話のマナーも教える
聞かれてる見られてる
交通事故を防ぐために
安全な場所でも事故は起きる
目と耳を使おう
信号を待つ位置に注意
急がない、焦らない
子供は手をつないで内側に
人も急に止まれない…!
…ながら歩きをやめよう
夜道は光るものを持とう
雨の日はよく前を見よう
街に出るとき
できるだけ一人ででかけないで
見せびらかしはやめよう
ゲームセンターは恐い場所
カラオケボックスは密室
もしもの時はコンビニに逃げる
防犯ブザーを身につけよう
迷子にならない
学校に行くとき帰るとき
いつもの道でも安心しないで
一人で行かない帰らない
地域の防犯マップをつくろう
怪しい気配を感じ取ろう
通学に相応しい服を着よう
駐車場や駐輪場で遊ばない
もしも被害に逢ったとき
もしもの時も考えておこう
子供は「そんなこと言えない」
見逃せない小さなサイン
上手にキモチを聞いてあげる
最高に幸せな毎日
育児の難しさ
みんなの育児情報
育児について
育児はマニュアル通りにいかないもの
三兄弟の育児
結構かかる子供の教育費
貯めるのは大変です。
教育費にはお金をかけています。
子供の学費確保は学資保険が便利
1人1500万
リーズナブルな習い事
子供の泣き声にイラッとしてしまう時
我が子には地味で優秀な能力があればよい
立ち合い出産で旦那に対して嫌だったこと
妊娠中に感じた旦那の頼りなさ
子どもに期待する能力とは
まだまだ泣いて訴える1歳児
リンク集
お勉強しよう
LINK集
身内の立場の育児について
Copyright (C) 子供を安全に!子供の防犯対策ガイド . All rights reserved